解決

躁鬱病について知る

一人で悩むイメージ

躁鬱病の症状

鬱病と聞くと、気持ちが落ち込んでしまって、なかなか改善することのできない症状という印象が強いでしょう。しかし、中には元気に見える人が発症してしまう鬱病もあるのです。それが躁鬱病という病気で、心のバランスが崩れてしまったために、感情の起伏がとても大きくなってしまう病気なのです。躁鬱病になってしまうと、元気に見える場合ととても落ち込んでいるように見える時期があるため、ただ単に感情の起伏が激しい人と思われてしまうこともあります。しかし、ただ感情の起伏が激しいのと違い、些細なことで感情が爆発してしまう状態や、感情のコントロールが自分で全くできない状態に陥ってしまうため、治療しなければトラブルの元になってしまう可能性があります。

治療は病院で

躁鬱病は身体の怪我などと違い、放っておいても治りはしません。放っておいてしまうと、落ち込んでしまううつ状態と、異常にテンションが高くなってしまう躁状態を繰り返すことになってしまうため、自分で感情のバランスを取ることができないのです。そのため、躁鬱病を患ってしまった場合には、病院で治療を受けて、心のバランスを少しずつ取り戻せるようになることが必要です。病院ではうつ状態と躁状態を見極めた上で、それぞれの状態に合わせた治療を行なってくれるので、心のバランスが少しずつ治っていくのです。素人のアドバイスでは悪化してしまう可能性もあるため、専門家である病院の医師に指示を仰ぐようにしましょう。

うつ病にもまた違う鬱の形

昨今では、うつ病とい病気はよく聞かれるものとなりました。 また、日本の約100人のうち5人はうつ病であるとの報告もあるほど、いまでは珍しい病気ではなくなってきました。 しかし、その中にも躁鬱病というものがあるのをご存知でしょうか。 これは双極性障害ともいわれることがありますが、基本的にはうつ病とあまり変わりはないのですが、決定的な違いは、うつ病の場合は鬱の症状が続くのですが、躁鬱病では、鬱の時期と躁の時期を繰り返します。 躁とは、鬱とは反対に気分が盛り上がる状態をいいます。 ですので、なかなかうつ病との判断もつけにくく診断が難しい病気です。 躁鬱病では、どのような治療法をしていくのかここで少し紹介していきます。

躁鬱病の治療法やカウンセリング

では、もし躁鬱病になってしまった場合は、どうすればよいのでしょうか。 まずは、心療内科や精神科といった病院を受診しましょう。 鬱と躁鬱などの判断も医師が行ってくれます。 また、うつ病と躁鬱病では、治療法が違ってきますので、必ず医師の診断を受けましょう。 鬱の場合は鬱状態を良くすることが治療の最大の特徴ですが、躁鬱病では躁と鬱の安定しない感情をどのように小さくしていくかが最大の治療のポイントになります。 基本的には、薬の服用での治療となります。 うつ病の場合は気分を高めるような薬を服用しますが、躁鬱病の場合は波を小さくするように気分を安定させるような薬の服用となります。 躁鬱でうつ病の薬を飲み続けても症状は改善しないと言われていますので、必ず医師の判断に任せましょう。

Copyright(c) 2015 躁鬱病の治療はいい病院選びから│鬱打つホスピタル. All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com