解決

治療の方法

若い患者と女性の医師

薬を使用しての治療

躁鬱病を改善することの出来る病院では、様々な治療方法を行なっています。その中でも特に利用されているのが認知療法という治療方法で、注意点もないため多くの患者に認知療法を使っています。心の病気は、自分に自信がない人がかかりやすいという特徴があります。というのも自分に自信がない人の場合、作業を任された際などにしっかり作業が遂行できる自信がなくなってしまうため、過度にプレッシャーを感じてしまうようになるのです。そのため、認知療法では、自分に自信を持つことが出来るよう医師のアドバイスを聞いて実践するという治療を行なっていくことになります。認知療法が成功すれば薬などを使用せずに躁鬱病を治すことが出来るため、身体へ負担をかけず治療を行なっていくことが出来るのです。

遺伝子的要因以外にも

認知療法のように薬を使わないで治療を行なっても効果がない場合には、精神安定薬などの薬を使用して治療を行なっていきます。精神安定薬にはうつ状態と躁状態の改善を行なうことの出来る成分が含まれているため、使用することで確実に躁鬱病の症状を緩和することが出来るのです。一度精神的に落ち着いた状態を作ることが出来れば、心のバランスが取りやすくなるので、最終的には薬を使わなくても心のバランスが取れるようになります。認知療法などと比べても短期間で躁鬱病の治療を行なうことが出来るため、なかなか躁鬱病が改善できない場合は薬の使用も検討してみましょう。

社会問題と発展する恐れ

躁鬱病の原因ははっきりとは解明されてません。遺伝的要因、育った環境、性格、体質などさまざまな要因が関係しているのではないかと考えられています。その中でも最も関係していると考えられているのが、遺伝的要因です。同じ遺伝子を持つ一卵性双生児では躁鬱病になる確率が50%〜70%といわれています。 育った環境も要因のひとつで愛情を受けずに育ったり、虐待を受けて育った子に多く見られます。しかしはっきりとした関係は明らかになっていません。 ストレスの多い環境でもともと躁鬱病になりやすい体質の人が何らかのきっかけで発症するとも考えられています。ストレスと生活リズムの乱れから発症することもよくみられます。 しかしはっきりとした原因は解明されていないのです。

日本における躁鬱病の発病率は海外に比べると低いですが、最近ではその水準に近づきつつあります。 一般的に遺伝的要因がもっとも高いとされていますが、データを見てもはっきり沿うとは言い切れません。躁鬱病はうつ病に比べて再発率が非常に高く90%とも言われています。つまり病院に通院しているうつ病の患者はほとんどが躁鬱病の患者といえます。 躁鬱病は無治療の場合一生のうちにうつ状態と躁状態を10回以上繰り返すといわれています。また再発の間隔は4年以上空くこともあります。そして徐々に間隔が狭まってきます。 躁鬱病は例外的な経過をたどることも珍しくありません。躁から始まったり混合状態であったりしますが、たいていと人がうつ状態から始まることが多いです。 自殺企図に関しては精神障害の中でも最も多くうつ病患者より高い確率です。 今後発病率か高くなるとともに大きな社会問題となるのではないでしょうか。

Copyright(c) 2015 躁鬱病の治療はいい病院選びから│鬱打つホスピタル. All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com