最初の一歩を踏みだそう。

自分だけで悩まずに

聴診器

気軽に相談しよう

大人になって仕事をするようになると、様々な場面で心にストレスを抱えてしまいます。そのストレスは上手に発散することが出来れば良いのですが、人によっては自分の内に溜め込んでしまう場合もあるでしょう。しかし、ストレスを自分で背負い込んでしまっては、耐え切れなくなった際に躁鬱病といった心の病気にかかってしまう可能性があります。そのため、仕事をするようになったら、上手なストレス発散方法と、もし躁鬱病といった心の病気になってしまった時のために、躁鬱病に対する対応方法を考えておきしょう。

躁鬱病(気分障害)の症状

心の病気を治すために最も重要なのは、自分の悩みを誰かに相談するということです。話をするだけでも楽になるので、身近に信頼できる人がいるならばすぐに相談してみましょう。しかし、中には身近な人に相談することのできない悩みなどもあります。そのような場合には、病院を訪れて医師に相談してみると躁鬱病といった心の病気を治すことができます。

薬物療法と精神療法による治療方法

病院というと敷居が高く感じてしまいがちですが、実際には気軽に相談することが出来る場所です。躁鬱病になってしまったきっかけも親身になって聞いてくれるため、安心して悩みを打ち明けることが出来るでしょう。また、病院の中には初回の相談料金が無料でできる病院もあるため、こういった病院を利用すれば気軽に躁鬱病の相談を行なうことができます。躁鬱病の症状を悪化させないためにも、悩みがあったらすぐに相談するようにしましょう。

躁鬱病は分裂病と並んで内因性精神病の1つとして重要な疾患です。 一卵性双生児の一致率が高いことから遺伝疾患であることが認められており、思春期以降に現れます。 女子のほうが男子よりも多いと言われています。 躁鬱病になりやすい人の特徴としては、 肥満型に多く、人付き合いがよい。親切で親しみやすい。 朗らかでユーモアにあふれている。興奮しやすい。 物静かで落ち着きがある。柔和 などがあります。 症状としては気分が高揚する状態と落ち込む状態が交互に現れます。 そわそわして落ち着きがなく、電話を掛けたり外出したりする。 怒りっぽく喧嘩をする。かたくなに威張ったり、あり得ないような大きなことをいうといった躁状態と、自信が無い、生きているのがつらい、誰とも接したくない。などのうつ状態があります。

躁鬱病は再発性が高く、長期化しやすい傾向にあります。 躁鬱病の薬物療法では気分安定剤が中心に使われ、主にリチウムやパルプロ酸、ラモトリギンの薬が使われます。単極性うつ病とは治療方法が異なるので注意しましょう。躁鬱病の患者さんに抗うつ薬を使うと症状が難しくなってしまう場合があります。 躁鬱病は気分が大きく上下に乱れる症状の病気なので気分安定剤がよく効きます。 大切なのは服用を勝手にやめないことです。患者さんの中には長い治療に飽きてしまって、少し良くなると勝手に薬をやめたり、副作用がでると飲むのを控えてしまったりします。一般的に症状が落ち着いた後も3〜5年、場合によっては一生薬を飲み続けることが必要になります。 薬をやめる場合でも血液中の濃度を確認しながら少しづつ減らしていきます。 急にやめると再発の恐れがあるので注意しましょう。

一人で悩むイメージ

躁鬱病について知る

心にストレスを抱えてしまったことが原因になる病気の中でも、躁鬱病は独特な特徴を持っています。効率良く治療を行いたいのであれば、こういった躁鬱病についての知識も付けたほうがいいでしょう。

詳細を確認する

若い患者と女性の医師

治療の方法

躁鬱病を治療する際には様々な方法があり、それぞれに期待することの出来る効果は違います。より自分の症状を改善するのにあった治療方法を選ぶためにも、治療方法についても勉強しましょう。

詳細を確認する

笑顔の医師に相談する患者

病院に行ってみよう

躁鬱病について色々と知ることができたら、実際に病院で治療を受けてみましょう。いい病院を選ぶことが出来れば躁鬱病は効率良く治療することが出来るため、病院の情報を探してみましょう。

詳細を確認する

Copyright(c) 2015 躁鬱病の治療はいい病院選びから│鬱打つホスピタル. All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com